サウンドワールド
2013.01.24.(木) ■カテゴリ: 自分用馬図鑑  ■タグ: サウンドワールド, 競馬,
このエントリーをはてなブックマークに追加  twitter  gplus  fb


この馬はG1を取れる。

今年、短距離はこの馬が制覇する。

間違いない。


新しい年を迎えてすぐに、そう思わせる程の衝撃を受けた馬が現れた



その馬は最初から最後まで先頭を譲らなかった。

準オープンの新春S1200m戦で、逃げて6馬身差の圧勝。

淀に歓声が響いた。

このレースまで15戦(3-4-2-6)。

このレースまで知らなかった。

CBC賞に11番人気で4着。

このレースまで気付かなかった。

当時のTOPジョッキーだった武豊も乗っていた。

何度も新聞を見た。


そしてサウンドワールドを初めて知った。



血統
Indian Ridge Ahonoora
Hillbrow
Secret Sunday セクレト
aracciola



新春Sを圧勝したサウンドワールドが次に選んだのは淀短距離S。

トキオパーフェクト、アグネスワールド、チアズサイレンス、ハートマンに続く5着。

どう考えても格上の強敵相手に逃げて5着。

新春Sがフロッグでないと思わせるのに十分な内容だった。


続く阪急杯。

同系のG1馬キョウエイマーチがいたにも関わらず3着。

昨年の短距離王者マイネルラブよりも着順が上だった。


シルクロードS。

マイネルラブとアグネスワールドの強襲に屈するも3着。

だがトキオパーフェクト、後のG1馬なるマサラッキよりも前にいた。



あとはほんの少しの展開。
あとはほんの少しの運。



そう思わせてくれた前哨戦の結果を持って、

ついにG1の舞台にサウンドワールドが上がった。



10番人気11着。

これまで鼻を譲らなかった道中はキョウエイマーチとトキオパーフェクトに競り負けた。

芝の1200メートルで初めて1秒以上離された。

普段、粘り強かった直線も何一つ見せ場がなかった。

逃げれないと、こんなにもモロイのか・・・・・。



だが秋がある。

デビューが遅かったので5歳といえど、まだ1年と2カ月しか走っていない。

秋には本格化するはず。

名ジョッキー河内にして「テンの速さは世界一」と言わせた快速が

さらに速くなる。

そして・・・・・スプリンターズSには・・・・・。



その期待は叶うことも、見るすらできなかった。


サウンドワールドは高松宮記念の2走後の秋前にケガで半年以上の休養。

戻ってきて善戦はするものの、結局オープンすら勝つ事なく引退していった。



いま見直してみると、少し走らせ過ぎじゃないかと思うローテーション。

1998年は3月にデビューし、7月以外は全ての月で走った。

9ヶ月で15戦。

年が明けて、高松宮記念までの5ヶ月で4走。

デビューしてからの14ヶ月で19戦。

常に全力で走っていた。

高松宮記念では限界だったのかもしれない。



新春Sは本当に強かった。


あの時にこの馬は全てを出し切ったのかもしれない。

あれが高松宮記念だったら・・・・もしかすると・・・・

それほどの衝撃があの6馬身にはあった。


中央競馬GIレース1999総集編 [DVD]
ポニーキャニオン (2000-04-28)
売り上げランキング: 73,678

«     過去の記事一覧    »
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
カテゴリ